「食育くらぶ」幼稚園給食の特色concept

世界最高の食事をベースに

日本食ご飯を主食にしておかずを食べるという食事スタイル。ご飯自体には塩も油も砂糖も加えず、左手にお茶碗を持って、ご飯を食べるためにおかずを食べるという日本の食事形態。
欧米の食事と比較して日本食は低脂肪で、非常に健康的です。多様な食品を選択して食べるという意味において、日本食は世界最高の食事形態と言われています。

食育くらぶでは、この世界最高の食事、日本食をベースに、育ち盛りの園児様に必須且つ十分なエネルギー量を摂っていただけるよう、栄養バランスを考えながら、担当栄養士と調理責任者とでメニュー会議を行い、園児様の年齢に合わせた献立作りをしております。

また、食の探究者、食育の第一人者として知られる服部幸應氏監修の園児様向け食育メニューを全国で初めて取り扱っております。

 

こだわり

こだわり食育くらぶは、手作りにこだわり、ひと手間を掛けた給食作りを行っております。園児様に本物の味を知ってほしい、本物の料理を食べてほしいという思いから、一切の妥協を許さず、手間暇掛けた美味しい給食をお届け致します。私どもの思いが園児様に伝わり、毎日の給食を楽しみにして頂けたらこんなに嬉しい事はありません。小規模の会社ではございますが、小規模だからこそ出来る本物の給食を是非ご賞味下さい。

 

きめ細やかなサービス

親子食育くらぶでは、「出来ない」という言葉は使いません。私どもは、幼稚園様と二人三脚で、園児様にとって最高の給食を作り上げていきたいと考えております。

アレルギーに関すること、メニューや味付けに関すること、給食の提供方法に関すること、どんな事でも結構です。幼稚園様からのご要望にお応え出来るよう、最大限の誠意を持って対応させて頂きますので、「こんな給食できないかな」というご要望がございましたら何なりとご相談下さい。

 

食育活動

食育くらぶは、ただ単に給食を作ってご提供させて頂くだけではなく、幼稚園様の食育活動のお手伝いをさせて頂きたいと考えております。例えば、弊社の食育インスラクターと栄養士が、幼稚園様や保護者様を対象に行う「食育講演会」など、ふれあいを大切にした温かい食育活動を行っていきたいと考えております。


株式会社さんQ「食育くらぶ」スタッフ一同

   

服部幸應先生から幼稚園様へのメッセージ



服部幸應先生服部幸應(はっとりゆきお)


(学)服部学園理事長、服部栄養専門学校校長。医学博士・健康大使。テレビでもおなじみの食の探求者。食育、料理を通じた地球環境保護の活動にも取り組んでいる。内閣府「食育推進会議」委員、「早寝・早起き・朝ごはん全国協議会」副会長等を務める。 著書は「食育のすすめ」、「新食育革命 食がこどもたちを救う」、「大人の食育」など多数。




このたび全国で初めて、株式会社さんQ「食育くらぶ」にて、私が監修する幼稚園給食向け食育レシピを採用なさるとの事で、大変喜んでおります。 茨城県の幼稚園が発端となって全国の幼稚園に広がればこの上なく幸せに思います。

人を良くする、と書いて食です。良い人を育てるためにはどうすればよいか、というのが食育という考え方です。
小学校4年生くらいの時に人間の舌、味覚は最も敏感になります。ですから離乳食を卒業したころから10歳くらいまでの食生活は生涯に関わってきます。

この時期に脳や運動機能も非常に発達しますから、おいしくて、バランスのよい食事をすることによって、健康な身体と精神の安定を得ることができるのです。それから五感を養い、免疫力を高めて病気に対する抵抗力ももてるようになります。見た目がよくて、よい匂いがして、おいしそうなものを見ると、脳が刺激されて、セロトニンという脳内物質がでます。そうすると胃が動いてキューキュー音がするくらいなんですが、そうして食べれば免疫機能がぐっと高くなっていくのです。食べるというのは、お腹がいっぱいになればいい、ということではないんですね。
子育ての基本は知育、徳育、体育。そしてその土台となるのが食育ですから、園児さんには幼稚園生活を送る間にしっかりと良い食習慣を身につけていただきたいと思います。





株式会社さんQリンク

shop info店舗情報

株式会社 さんQ

〒305-0068
茨城県つくば市中内476
幼稚園給食事業部
TEL.029-860-6339
FAX.029-860-6539